高田製油所 三原椿油。買って使ってみた感想。

公開日: 

髪にも肌にも良く、日本で昔から使われている椿油。

湯シャンしてるし、木の櫛使ってるし、今使ってるオイル無くなるし、そろそろ良い椿油を買おう!

と色々調べ、いきついたのが高田製油所の三原椿油でした。

約1か月使ってみたので、使用感などレビューしていきたいと思います^^

高田製油所

ドラッグストアに売ってるやつとは何が違うの?

ドラッグストアで「椿油」と書かれたオイルが売っていますよね。

私も何瓶も買いました。

でも、残念ながらあれは椿油ではなくカメリア油であることが多いです。。(カメリア油100%か、ほぼカメリア油。)

原料も製造も●完全国産の●希少で貴重な『純ツバキ油』猫野猫吉さんブログ に詳しく書かれていますので読んでみてください。

 

日本で昔から使われている椿油というのは、カメリア油ではなくやぶ椿の種子からとれる椿油の事なんです

国内にやぶ椿の産地はいくつかあり、佐渡、伊豆大島、五島列島、桜島が有名です。

高田製油所の三原椿油について

高田製油所は伊豆大島にある大正時代から続く製油所です。→高田製油所 公式HP

伊豆大島は東京から120㎞、大平洋上に浮かぶ伊豆諸島最大の島です。大島は昔からやぶ椿の種子からとれる椿油の生産が盛んで、高田製油所の他にも5社ほど製油所があります。

高田製油所では昔からの製法で椿油が作られています^^

 

サイズは40ml、100ml、150ml。便利なポンプタイプもあります。(私が買ったのは150ml。)

高田製油所 公式HPで購入できます。

アマゾンからも購入できます。

ドラッグストア、デパートなどの実店舗では見かけたことはありません。

アンテナショップや物産展などで、もしかしたら売ってるかもしれませんね。

使ってみた

届いてまず確認したのは「製造年月日」です。

椿油に限らず、油製品は鮮度が大切!

高田製油所

容器底、箱底に「190228」の印字がありました。

2019年2月28日生産?梱包?の意味だと思います。

購入したのが2019年3月なのでかなり鮮度が良い状態の物をゲットできました。

 

容器は瓶です。

150ml容器なのでそこそこ重い。。

プラ容器だと品質劣化が心配なので瓶で良いのですが、まぁ重い。

洗面所で落とさないように気を付けます。

あとは光劣化にも気を付け中です。

 

目立つピンク色のキャップの中はこんな感じ。化粧水の容器みたいな出口。

高田製油所

1滴出したところ。

1滴の量は結構少ないので出し過ぎなくて良いです。

髪と顔に使ってみました。

正直な感想、結構匂いあります。

香ばしい感じ?

私は平気ですが、好き嫌いありそうな匂いです。

乾いてしまえば匂いはなくなるのでずっと香ばしい匂いが…なんてことはありませんよ。笑

顔にも使ってみましたが、匂いに抵抗があり数回で止めてしまいました。

今は髪メインです。

 

使うのは基本的に髪が濡れている時のみです。

ロングで痛みが激しいので8滴使っています。

ドライヤー前はベタっとしてますが、乾かすとサラサラになるので良い感じです。

買った当初に乾いた髪にも付けてみたのですが、かなりベタベタに。。。ベタベタの状態でドライヤーかけてもサラサラにはなりませんでした。

なので今は濡れている髪に付けるだけにしています。

どうしても乾いた髪に使いたい時は1滴のみ使用。足りない時は1滴ずつ足していくという使い方をしています。

減り量

全然減らない!

1ヵ月使って1cmも減ってない!

↑にアップした写真達はさっき撮ったものです。全然減ってないのが分かると思います。笑

使用頻度は週4日くらい、1度に8滴ほど使います。

当初は1年間で使い切りたいなぁなんて思ってましたが、こりゃせっせと櫛のお手入れ、体にも塗布しないと2年間くらい使う事になりそうだわ。

(ほんと、油は鮮度が命なので、1年間くらいで使い切りたい。)

使ってみた感想まとめ

いっぱい入ってるから気兼ねなく使える。

むしろどんどん使わないと劣化するのでどんどん使うべき。

髪のみに使ってるけど全然減らない。

匂いは好き嫌いありそう。私は顔には使えなかった。

髪に塗布の場合、乾くと匂いは消える。

濡れた髪に塗布するとベタベタするけど、乾かすとサラサラになる。




シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ↑